IiSENTAKU

日々の暮らしを豊かに心地よく過ごして…

北海道スキー場人気のおすすめランキング10選

f:id:zzmae:20151010213509j:plain

北海道のスキー場で人気のおすすめランキング10選では、今まで日本中で数多くのスキー場にいった自分が選んだ北海道のゲレンデベスト10選をご紹介。

1位 ルスツスキー場


写真:トリップアドバイザー提供

ルスツスキー場はなんといってもコースが多く、距離も長いコースが多い。いろいろなバリエーションが楽しめ、初級から上級まで楽しめるゲレンデです。それもゴンドラや、フード付きクワッド高速リフトなどが多いのもグッドとなります。

ただしホテルからイースト(East Mt.)やイゾラ(Mt.Isola)へ移動するのに、ゴンドラやリフトなど乗りついで行かなければいけないのがちょっと不便です。しかしこちらのイースト(East Mt.)やイゾラ(Mt.Isola)のゲレンデは、自分的にはロングクルージングが楽しめてとっても気にいっています。

スキーやスノーボード以外にも犬ぞりや乗馬、スノーボービルなど楽しめるウィンタースノーリゾートです。

スキー場に近い宿

2位 富良野スキー場


写真:トリップアドバイザー提供

富良野スキー場は日本で初めて、ワールドカップの男子滑降競技が開催されたスキー場です。それだけ長いロングコースがあり、標高差のあるスキー場となります。そしてゲレンデは北の峰エリアと、富良野エリアに分かれています。

自分的には、北の峰エリアのゲレンデからは十勝岳連峰の眺めが良く、富良野エリアはロングクルージング楽しめるゲレンデだと思います。それぞれ違った特徴があるので、両方のゲレンデでそれぞれ楽しめます。

ただしその両方のゲレンデを結ぶ連絡コースは、初心者にちょっときついかもしれないので注意が必要です。

スキー場に近い宿

3位 星野リゾート トマム


写真:トリップアドバイザー提供

雲海ですっかり有名になったトマムでは、冬のベストシーズンは雪質の良いパウダースノーが楽しめるスキー場です。広大なエリアにスキー場が広がっていて、スキーやスノーボードなど上級者から初心者まで滑ることができます。

ただしホテルからメインゲレンデのゴンドラ乗り場まで離れていて不便だったり、そのゴンドラを利用して山頂から滑って下りると、コース後半の山麓はだらだら坂でつまらなかったりします。

しかし星野リゾートらしく年々ゲレンデをリニューアルして、いろいろと楽しめるようになってきています。

スキー場に近い宿

4位 ニセコマウンテンリゾートグラン ヒラフスキー場


写真:トリップアドバイザー提供

ニセコマウンテンリゾートグランヒラフスキー場は古くからあるスキー場で、以前はニセコひらふスキー場と呼ばれていました。今では海外のスキーヤの人気のゲレンデのようで、多くの方が海外から訪れるようになりました。そしてそのゲレンデはニセコアンヌプリの山頂付近から、山麓までゲレンデは広がっています。

このゲレンデの印象は上部と下部の中・緩斜面と、中間部分の急斜面からなるスキー場といった印象です。なのでロングクルージングを楽しみたい自分としては、このゲレンデはどうなのかと思う部分もあります。しかし羊蹄山の眺めもよく、晴れた日には気持ちよく滑れます。

スキー場に近い宿

5位 キロロスノーワールド


写真:トリップアドバイザー提供

キロロスノーワールドは、朝里岳北西斜面に広がる広大なスキー場です。ただしゴンドラを利用したコースなどは、初級者向きでロングクルージングなど楽しめない。

しかし自分的には長峰ゲレンデの長峰第2-Aのコースは、約1キロの一枚バーンで高速ロングターンを楽しめ気に入っています。ホテルはマウンテンホテルがゲレンデに隣接しているので便利です。

スキー場に近い宿

6位 ニセコアンヌプリ国際スキー場


写真:トリップアドバイザー提供

ニセコアンヌプリ国際スキー場は、ニセコアンヌプリ南麓に広がるスキー場です。ゴンドラを利用してロングクルージングを楽しめるが、ゲレンデ山麓部分は急斜面があるので初級者は迂回コースを利用することになります。

ニセコエリアのスキー場の中では小ぶりなスキー場ですが、全体的に中斜面が続くので自分的には気持ちよく滑れて楽しい。ただし羊蹄山は山頂部分でしか、眺めることができないので残念です。

スキー場に近い宿

7位 サホロリゾート


写真:トリップアドバイザー提供

サホロリゾートは北海道中部の十勝平野を望むスキー場です。そのため北海道の日本海側のスキー場と違って、ベストシーズンにはサラサラのパウダースノーを滑れることもあるが積雪量は少ない。

ゲレンデはコンパクトにうまくまとめられた感じで、ゴンドラを利用して山頂付近から山麓のゴンドラ乗り場までいくつかのコースを楽しめます。とはいってもゴンドラは約2キロあるので、ロングクルージングを楽しむこともできます。

スキー場に近い宿

8位 函館七飯スノーパーク


写真:トリップアドバイザー提供

函館七飯スノーパークは北海道南部、函館近くの横津岳北部に広がり駒ケ岳を望むスキー場です。3319メートルのゴンドラを中心としたスキー場で、ロングクルージングが楽しめます。もちろんリフトもあるのだが、996メートルの初級者用ペアリフトと1766メートルの4人乗り高速リフトがあるのみ。

リフトやゴンドラの数は少ないが、縦に長いスキー場なので4キロ以上のロングランが楽しめます。ただしホテルなどの宿泊施設はゲレンデに隣接していないため、宿泊する場合は函館や大沼などに泊まることになります。

9位 ニセコビレッジスキーリゾート


写真:トリップアドバイザー提供

ニセコビレッジスキーリゾートは、ニセコアンヌプリ山頂付近から広がるスキー場で、ヒラフスキー場とアンヌプリスキー場の間に位置します。そしてこのスキー場の山頂付近から、両方のスキー場に行くこともできます。

このスキー場は急斜面が多く、どちらかと言えば初級者よりも中、上級者向きと言った感じがします。山麓には豪華なリゾートホテルがあるのでこのホテルに宿泊し、ゴンドラを利用してニセコの他のスキー場で楽しむことも…

スキー場に近い宿

10位 札幌国際スキー場


写真:トリップアドバイザー提供

札幌国際スキー場は札幌市南区にあるスキー場で、2本のゴンドラと4本のリフトがかかるスキー場です。2本かかるゴンドラはほぼ平行にかけられているので、それだけゴンドラ利用者の多さがうかがえます。

休日などはとっても混むこともあるスキー場なので、ロングクルージングが楽しめないこともある。自分が何回か訪れた時は、学生がたくさん来ていてとっても混んでいた。また宿泊施設は無いので、定山渓温泉や札幌市内のホテルなど利用することになります。

スポンサードリンク

 

まとめ

ここで取り上げた北海道のスキー場は人気のあるスキー場が多く、どこも広くてグルーミングされたゲレンデばかりで、ロングクルージングが楽しめるところが多い。ベストシーズンの雪質はどこも素晴らしいが、地域によって違いが出てきます。日本海側のニセコやキロロなどは、湿った粉雪であり内陸のトマムや富良野、サホロなどは乾燥した粉雪となります。

天候も日本海側は良く雪が降り晴れることは少ないが、内陸側のスキー場は晴れることが多いようです。このような地域の特徴があるので、新雪を楽しみたい方は日本海側のスキー場を、天気が良く晴れた日に滑りたい方は内陸側のスキー場を選ぶのが良いかもしれません。

またトマムやルスツ、富良野、ニセコビレッジなどは豪華なリゾートホテルが併設されているので、そのリゾートホテルに宿泊してスキーやスノーボードを思う存分楽しんでみては…

注意事項

※ 当ブログは、このページに記載した情報(個人的意見も含む)の正確性や完全性など、保証するものではございません。不利益や損害などございましても責任を負うものではありません。ご利用はご覧頂いている皆様の責任にてご利用ください。