IiSENTAKU

日々の暮らしを豊かに心地よく過ごして…

ポータブルDVDプレーヤーのおすすめ人気機種の比較10選【2019】

【2019年1月25日更新】

f:id:zzmae:20170624174427j:plain

ポータブルDVDプレーヤーのおすすめ人気機種の比較10選【2019】では、価格の安いコスパの良い機種から便利な機能の付いている機種、国内一流メーカーの機種など人気のおすすめポータブルDVDプレーヤーを比較してご紹介をしています。

ポータブルDVDプレーヤー

東芝 REGZA SD-P710S

東芝 REGZA SD-P710Sは、7型でIPS液晶によるポータブルDVDプレーヤーです。このIPS液晶は広視野角で1024×600と高精細になり、LEDバックライト搭載のワイド液晶となっています。画面の明るさを抑えた節電モードがあり、充電中でも視聴できるようになってます。またレジューム機能搭載でVRモード・CPRM対応となり、カラーはホワイトやピンク、ブルーなど4色展開しています。

SD-P710S 販売価格11,245円(2019年1月25日のAmazon最安値)

東芝 REGZA SD-P1010S

東芝 REGZA SD-P1010SをSD-P710Sと比較すると、こちらは10.1V型のワイド液晶で画素数は1024×600の高精細となっています。ただしこちらはIPS液晶ではありませんが、LEDバックライトや視聴中でも充電が行え、レジューム機能など搭載していることなどは違いが無いようです。

SD-P1010S 販売価格14,385円(2019年1月25日のAmazon最安値)

ソニー DVP-FX780

ソニー(SONY)DVP-FX780は、7V型のコンパクトなポータブルDVDプレイヤーです。サウンドモードはフラットな音声のスタンダードなモードから、バーチャルサラウンド効果のあるダイナミックサウンドまで4つのモードを用意しています。もちろんCPRM対応で語学学習に便利なA-Bリピートなど搭載し、カラーはゴールドやピンク、ブルーなど5色展開しています。

DVP-FX780 販売価格12,063円(2019年1月25日のAmazon最安値)

ソニー DVP-FX980

ソニー(SONY)DVP-FX980をDVP-FX780と比較すると、こちらは液晶が9V型で画素数も800×480画素(DVP-FX780は480×234画素)となったポータブルDVDプレーヤーです。ダイナミックサラウンドなど4つのサウンドモードが選べることやCPRM対応、A-Bリピートなど搭載していることなどは違いが無いようです。

DVP-FX980 販売価格22,700円(2019年1月25日のAmazon最安値)

APEMAN PV1050

APEMAN PV1050は10.5インチのTFT液晶で、画質が1024×600となったポータブルDVDプレイヤーです。USBやSDカードなどに対応して、バッテリーは2500mAhと大容量になっています。もちろんシガーソケットやACアダプターに対応し、本体は960gとなっています。

PV1050 販売価格6,980円(2019年1月25日のAmazon最安値)

APEMAN PV950

APEMAN PV950をPV1050と比較すると、こちらは9.5インチのTFT液晶パネルで800×480の画質となるポータブルDVDプレイヤーです。USBやSDカードなどに対応して、バッテリーが2500mAhと大容量になっていることなどは、PV1050と違いが無いようです。

PV950 販売価格5,980円(2019年1月25日のAmazon最安値)

QKK ポータブルDVDプレーヤー

QKK ポータブルDVDプレーヤーは画面サイズが9インチとなり、画質が800×480のTFT液晶となっています。バッテリーは3000mAと大容量になって、DVD以外にもUSBメモリやSDカードなどに対応しています。また海外のDVDが再生できるリージョンフリーで、CPRMの再生も行えます。

QKK 販売価格5,980円(2019年1月25日のAmazon最安値)

WONNIE W-J928

WONNIE W-J928は、9インチのLED液晶によるポータブルDVDプレーヤーです。海外のDVDも視聴できるリージョンフリーとなり、CDの音楽を楽しむこともできます。電源は2500mAhのバッテリーやACアダプター、シガーソケットとなり、USBやSDカードなどにも対応しています。カラーはブラックやブルー、レッドと3色展開してます。

W-J928 販売価格5,980円(2019年1月25日のAmazon最安値)

ADone SA-DV10AD

ADone SA-DV10ADは、10.1インチで約61万画素の液晶パネルによるポータブルDVDプレーヤーです。バッテリーは大容量の2000mAhとなって、車の取り付けの車載セットも付属して、3mと長いシガーソケットも付いています。リージョンフリーで字幕の表示も行え、海外の電圧でも使えるようになってます。もちろんAVケーブルをテレビ接続すれば大画面TVで見ることができ、ラストメモリー機能や字幕機能、CPRM機能など搭載しています。

SA-DV10AD 販売価格8,990円(2019年1月25日のAmazon最安値)

ベルソス VS-GD4125

ベルソス VS-GD4125は12.5インチのTFT液晶で、画質が1366×768となるポータブルDVDプレーヤーです。電源はACやDC、充電バッテリーと3電源に対応し、CDからSDカードやUSBメモリーへ録音できたり、SDカードやUSBメモリーの画像や音楽の再生など行えたりします。またレジューム機能搭載でCPRMに対応し、車載キャリアバックも付いています。

VS-GD4125 販売価格8,280円(2019年1月25日のAmazon最安値)

最新の人気売れ筋ランキングを参考にする

今現在どのメーカーのどの機種が人気で売れているかを、ランキングで売れ筋機種をチェックして参考にすることも出来ます(ポータブルDVDプレーヤー以外も含む)。

あとがき

ポータブルDVDプレーヤーで人気の機種は全般的に見て、価格の安いコスパの機種が人気のようです。しかし価格は少し高くなってしまうようですが、画質の良い製品を見受けることもできます。そしてシンプルであまりいろいろな機能が付いていない機種から、便利な機能が付けられた機種までそろっています。

自分的に液晶画面はIPS液晶が好きなのでそのIPSを採用した機種を選びたいと思うのですが、そうなるとポータブルDVDプレーヤーの中では価格が高めになってしまいます。コスパで選ぶか、画質で選ぶかと悩ましい所ですがソニーや東芝など国内一流メーカーの製品も選択肢に入ってくることは、良いことだと思います。

さてご自身でポータブルDVDプレーヤーを選ぶときは、それぞれの機種に特長があるので、好みや予算などによって選ぶことをおすすめします。ただその選んだ機種が良い製品であるかなど、口コミの良い評判や良くない評判を見てから選ぶことをおすすめしたいと…


当ブログは、このページに記載した情報(個人的意見も含む)の正確性や完全性など、保証するものではございません。不利益や損害などございましても責任は負いません。ご利用はご覧頂いている皆様の責任にてご利用ください。