IiSENTAKU

日々の暮らしを豊かに心地よく過ごして…

ラジカセ・CDラジカセのおすすめ人気機種の比較17選【2019】

【2019年7月17日更新】
f:id:zzmae:20160525163609j:plain

ラジカセ・CDラジカセのおすすめ人気機種の比較17選【2019】では、低価格でシンプルな機種からMP3でSDカードやUSBメモリに録音できる高機能な機種まで、人気のおすすめラジカセ・CDラジカセを比較してご紹介…

ラジカセ・CDラジカセ

ソニー CFD-S70

ソニー(SONY)CFD-S70は、カセットテープで録音や再生が行えるCDラジカセです。ラジオではFMやAM、ワイドFMに対応し、ラジオ局は3つまで登録できます。そしてCDは一般の音楽CDだけでなく、MP3フォーマットのCD-RやCD-RWなどに対応しています。カラーはブラックやホワイト、ピンクと3色展開です。

CFD-S70 販売価格6,607円(2019年7月17日のAmazon最安値)

ソニー CFD-S401

ソニー(SONY)CFD-S401をCFD-S70と比較すると、こちらは大型液晶で見やすくなり、ラジオのタイマー予約録音が行えます。ワイドFM対応や音楽用CD-R/RWなどの対応については、CFD-S70とあまり違いはないようです。カラーはブラックやホワイト、ベージュと3色展開しています。

CFD-S401 販売価格10,081円(2019年7月17日のAmazon最安値)

ソニー CFD-RS501

ソニー(SONY)CFD-RS501はカセットテープやCD、ラジオ番組からメモリーカードへ録音が行えるCDラジカセです。またラジオ番組を録音するときは10番組まで予約録音が行え、放送局の登録は都道府県など選ぶだけでOKです。さらにマイク(別売り)をつなげばカラオケを楽しめ、集会などでは拡声器として使うこともできます。

CFD-RS501 販売価格16,715円(2019年7月17日のAmazon最安値)

東芝 TY-CDX9

東芝 TY-CDX9はカセットテープの音を、SDやUSBメモリーにMP3録音ができるCDラジカセです。レジューム機能で前回停止した位置から再生でき、ボーカルダウンやエコーなどのカラオケの機能を搭載しています。ラジオ局の登録はAMとFMが各5局ずつで、リモコンもついてます。ちなみにカセットはハイポジションテープの再生にも対応しています。

TY-CDX9 販売価格10,009円(2019年7月17日のAmazon最安値)

東芝 TY-CDK9

東芝 TY-CDK9をTY-CDX9と比較すると、こちらはSDやUSBには対応していません。またレジューム機能も搭載していませんが、カラオケの機能を搭載していることや3W+3Wのスピーカーを搭載していることなどは、TY-CDX9と違いがないようです。カラーはシルバーとホワイトの2色展開です。

TY-CDK9 販売価格7,479円(2019年7月17日のAmazon最安値)

東芝 TY-CDW99

東芝 TY-CDW99はダブルカセットを搭載したCDラジカセなので、カセットテープからカセットテープへと高速でダビングが行えます。またCDやラジオ、外部入力、マイクからカセットテープへと録音ができ、ボーカルダウンやマイクエコーなどのカラオケ機能も搭載しています。

TY-CDW99 販売価格13,789円(2019年7月17日のAmazon最安値)

東芝 TY-CDS7

東芝 TY-CDS7は外部マイク端子によってカラオケを楽しめるCDラジカセです。スリープタイマーは120分まで設定でき、ラジオ局の登録もAM/FMの各4局まで行えます。またワイドFMにも対応し、カラーはシルバーやブルー、ピンクと3色展開しています。

TY-CDS7 販売価格5,589円(2019年7月17日のAmazon最安値)

東芝 TY-CDH7

東芝 TY-CDH7をTY-CDS7と比較すると、こちらはリモコンが付いています。スリープタイマーが120分まで設定できることや、ラジオ局の登録が4局まで行えることなどはTY-CDS7と違いがないようです。ただカラーはホワイトのみです。

TY-CDH7 販売価格5,720円(2019年7月17日のAmazon最安値)

東芝 TY-CK2

東芝 TY-CK2はコンパクトで軽いCDラジカセです。操作するボタンは上面に集めて、ラジオの選局はワイドFMも受信します。カラーはライトグレーやブルー、ピンクと3色展開しています。

TY-CK2 販売価格4,799円(2019年7月17日のAmazon最安値)

コイズミ SAD-4935

コイズミ(KOIZUMI)SAD-4935は、ワイドFM対応のCDラジカセです。CDはCD-R/RWの再生が行え、プログラム演奏やリピート、ランダム演奏などできます。またカセットテープはオートストップとなり、カラーはシルバーやブルーなど2色展開です。

SAD-4935 販売価格3,970円(2019年7月17日のAmazon最安値)

パナソニック ポータブルステレオCDシステム RX-D47

パナソニック ポータブルステレオCDシステム RX-D47は、ワイドFMに対応したCDラジカセです。CDの出し入れは簡単に行える電動式フロントローディングCDトレイとなり、マイク端子搭載でカラオケも楽しめます。

RX-D47 販売価格11,336円(2019年7月17日のAmazon最安値)

パナソニック ラジオカセットレコーダー RX-M45

パナソニック ラジオカセットレコーダー RX-M45をRX-D47と比較すると、こちらはCD機能のないラジカセとなります。ラジオの受信はデジタルチューナーで選局が行いやすくなり、カセットテープへ音声の録音も内蔵マイクで手軽に行えます。もちろんワイドFMに対応し、カセットテープが終わるとフルオートストップで動作が停止します。

RX-M45 販売価格5,103円(2019年7月17日のAmazon最安値)

WINTECH SCT-R225

WINTECH(ウィンテック)SCT-R225は、カセットテープからマイクロSDやUSBに録音できるコンパクトラジカセです。内蔵マイクがあるので会話などの録音も行え、FMワイドバンドに対応しています。カラーはブラックとホワイトの2色展開です。

SCT-R225 販売価格4,480円(2019年7月17日のAmazon最安値)

山善 キュリオム YCD-C600

山善 キュリオム YCD-C600はワイドFMに対応したCDラジカセです。CDの再生はCD-RやCD-RWなどもOKで、CDのリピート再生やプログラム再生も行えます。もちろんCDやラジオからカセットテープへ録音ができ、カラーはシルバーとブラックの2色展開です。

YCD-C600 販売価格3,980円(2019年7月17日のAmazon最安値)

OHM Audio Comm RCD-550Z

OHM Audio Comm(オーム電機)RCD-550Zはコンパクトで、持ち運びが楽なCDラジオカセットレコーダーです。CDプログラムやリピート、 スキップ再生機能など搭載し、ラジオはワイドFMも受信します。カラーはホワイトとシルバーの2色展開です。

RCD-550Z 販売価格3,958円(2019年7月17日のAmazon最安値)

OHM AudioComm RCS-U800M

OHM Audio Comm(オーム電機)RCS-U800Mはカセットやラジオ放送、内蔵マイクからUSBに録音できるラジカセです。またUSBからの再生も行えて(USBからカセットへの録音はできません)、ラジオはワイドFMも受信します。

RCS-U800M 販売価格3,088円(2019年7月17日のAmazon最安値)

SANSUI SCR-B2

SANSUI(サンスイ)SCR-B2はスマホの音楽も聴けるよう、Bluetoothも搭載しているラジカセです。またMP3のUSBやSDカードの再生も行えて、そのUSBやSDカード、Bluetooth接続のスマホ、ラジオなどからカセットに録音することもできます。カラーはレッドとブルーの2色展開です。

SCR-B2 販売価格5,980円(2019年7月17日のAmazon最安値)

ラジカセ・CDラジカセ比較一覧

  CD SD USB MP3 シンセ 価格
ソニーCFD-S70     6,607円
ソニーCFD-S401     10,081円
ソニーCFD-RS501   16,715円
東芝TY-CDX9 10,009円
東芝TY-CDK9       7,479円
東芝TY-CDW99       13,789円
東芝TY-CDS7       5,589円
東芝TY-CDH7       5,720円
東芝TY-CK2         4,799円
コイズミSAD-4935         3,970円
パナソニックRX-D47       11,336円
パナソニックRX-M45         5,103円
WINTECH SCT-R225     4,480円
山善YCD-C600         3,980円
OHM RCD-550Z         3,958円
OHM RCS-U800M       3,088円
SANSUI SCR-B2     5,980円

※ 詳細は通販サイトやメーカーサイトなどでご確認ください。
シンセ=シンセチューニングチューニング
販売価格は2019年7月17日Amazonの最安値です。

ラジカセ・CDラジカセの選び方

ラジカセやCDラジカセといっても、いろいろなタイプが販売されてます。カセットテープのみの機種からCDの再生が行える機種、SDカードやUSBメモリーに対応した機種などあります。そこでそれらのラジカセ・CDラジカセを選ぶときのポイントをご紹介します。

ほしい機能は

ラジカセ・CDラジカセに搭載している機能は、それぞれの機種によって違いがあります。まずはご自身がどのように使用したいかによって、選ぶ機種も違ってくるでしょう。

CDの再生も行いたい

カセットテープの再生や録音だけでなく、CDの再生を行いたい場合はCDラジカセのタイプがよいでしょう。またこのタイプの機種が多く販売されているので、選ぶときに迷われるかもしれません。そこで音楽CD(CD-DA)だけ再生できれば良いのか、それともパソコンなどでCDに書き込むので、CD-RやCD-RWに対応した機種が良いのかなど考慮するとよいでしょう。

ラジカセ機能のみでよい

CDの再生機能は必要なく、カセットテープの再生や録音のみでよい場合は、このタイプの機種がよいかもしれません。ただこのタイプの機種は少なくなってしまっているので、CDの再生機能を搭載した機種も購入候補にしてもよいと思います。

SDカードなどへダビングしたい

カセットテープに録音してある音声などSDカードへダビングしたい場合は、そのSDカードに対応した機種が良いかもしれません。そして一部の機種ではUSBメモリーやメモリースティックなどに対応した機種もあります。カセットテープに録音してある音声など、大事にとっておきたい場合は、この機能を搭載している機種を考慮するのも良いでしょう。

カラオケも楽しみたい

マイク入力端子があればカラオケが楽しめたり、集会などでは拡声器として使える機種があります。また機種によってはカラオケ機能でボーカルダウンやエコー、録音などの機能を搭載して、カラオケが楽しめるようになっています。

ラジオを良く聴く方は

ラジオを良く聴く方はチューニングが行いやすいか、またラジオ局を登録することができるかなどチェックしましょう。やはりラジオ局を選局するときはシンセチューニングのほうが行いやすいと思いますし、そのラジオ局を登録できれば便利に利用できると思います。

最新の人気売れ筋ランキングを参考にする

今現在どのメーカーのどの機器が人気で売れているかを、ランキングで売れ筋機器をチェックして参考にすることも出来ます(ラジカセ・CDラジカセ以外の機種も掲載されてます)。

あとがき

ラジカセやCDラジカセは、今ではあまり使われなくなってしまったカセットテープに、音を録音したり再生したりできる機種です。そのカセットテープを店舗で販売しているところはこの頃見なくなってしまいましたが、家ではたくさん残っていたりすることもあるのではないでしょうか。そんな時に役立つのがラジカセやCDラジカセで、今ではMP3のSDカードやUSBメモリにダビングできる機種もあります。

やはりカセットテープに録音した音を残しておくのは心配なので、MP3のSDカードやUSBメモリなどで音を保存しておくのも良いと思います。自分的には、昔よくカセットテープに音楽を録音して、良く聴いたものです。このごろまったく聴かなくなってしまいましたが、押入れにカセットテープをしまったまま保存しています。やはりそのままにしておけないので、SDの付いたラジカセでダビングするのが良いのではないかと思っています。

さてラジカセやCDラジカセを購入する場合はそれぞれの機種には特長があるので、ご自身の使用方法によって選ぶことをおすすめします。そしてその選んだ機種が良いものであるかなど、通販サイトの口コミの評判をよく参考にしてから、選ぶことをおすすめしたいと…


※ 当ブログは、このページに記載した情報(個人的意見も含む)の正確性や完全性など、保証するものではございません。不利益や損害などございましても責任は負いません。ご利用はご覧頂いている皆様の責任にてご利用ください。