IiSENTAKU

日々の暮らしを豊かに心地よく過ごして…

窓用エアコンの2018年春に発売されたおすすめ人気機種の比較12選

【2018年5月16日更新】
f:id:zzmae:20170502214801j:plain

窓用エアコンの2018年春に発売されたおすすめ人気機種の比較12選では、窓に取り付けるタイプの窓用エアコン(窓用クーラー)で人気のおすすめ機種を比較してご紹介を…

窓用エアコン

コロナ CW-1618 / CW-1818

コロナ ウインドエアコン CW-1618 / CW-1818は2018年の春に販売開始した窓用エアコンです。運転をストップさせたあとにエアコンの内部を乾燥させるクリーン機能を搭載し、底部のドレン水で細菌によるぬめりを銅イオンで抑制します。CW-1618とCW-1818の違いは、CW-1618は50Hz:4~6畳/60Hz:4.5~7畳となり、CW-1818は50Hz:4.5~7畳/60Hz:5~8畳となります。

CW-1618 販売価格34,700円(2018年5月16日のAmazon最安値)
CW-1818 販売価格46,800円(2018年5月16日のAmazon最安値)

■CW-1618(50Hz:4~6畳/60Hz:4.5~7畳)
Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る
■CW-1818(50Hz:4.5~7畳/60Hz:5~8畳)
Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る

コロナ CW-F1618 / CW-F1818

コロナ ウインドエアコン CW-F1618 / CW-F1818をCW-1618 / CW-1818と比較すると、こちらは交換のめやすが10年となる脱臭フィルターを搭載しています。その他のスペックはCW-1618 / CW-1818とあまり違いは無いようです。

CW-F1618 販売価格48,080円(2018年5月16日のAmazon最安値)
CW-F1818 販売価格57,500円(2018年5月16日のAmazon最安値)

■CW-F1618(50Hz:4~6畳/60Hz:4.5~7畳)
Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る
■CW-F1818(50Hz:4.5~7畳/60Hz:5~8畳)
Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る

コロナ CW-FA1618 / CW-FA1818

コロナ ウインドエアコン CW-FA1618 / CW-FA1818をCW-F1618 / CW-F1818と比較すると、こちらは室内の空気を排気する換気機能やマイナスイオンを発生する機能など搭載しています。その他のスペックについてはCW-F1618 / CW-F1818とあまり違いは無いようです。

CW-FA1618 販売価格57,750円(2018年5月16日のAmazon最安値)
CW-FA1818 販売価格64,203円(2018年5月16日のAmazon最安値)

■CW-FA1618(50Hz:4~6畳/60Hz:4.5~7畳)
Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る
■CW-FA1818(50Hz:4.5~7畳/60Hz:5~8畳)
Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る

コロナ CWH-A1818

コロナ ウインドエアコン CWH-A1818は冷暖房兼用の窓用エアコンです。なので熱い夏にクーラーとして使うだけでなく、寒い冬に暖房としても使えます。また換気機能や内部乾燥モードなど搭載し、おやすみ自動運転機能や12時間の入り切りタイマーなど内蔵しています。ちなみに冷房の目安は50Hz:4.5~7畳/60Hz:5~8畳となります。

CWH-A1818 販売価格56,900円(2018年5月16日のAmazon最安値)

トヨトミ TIW-A160I

トヨトミ TIW-A160Iは50Hzで4~6畳、60Hzで4.5~7畳がめやすの窓用エアコンです。この機種は吹き出し口がセンターにあるので冷風が広がりやすくなり、窓の左右のどちらに取り付けてもカーテンが吹き出し口をふさぎにくくります。また運転音が39dB(50Hz)と業界で最小の運転音となって、内部乾燥モード機能を搭載してドレン水除菌によりドレン水の細菌を抑制します。

TIW-A160I 販売価格39,800円(2018年5月16日のAmazon最安値)

トヨトミ TIW-A180I

トヨトミ TIW-A180IをTIW-A160Iと比較すると、こちらは50Hzで4.5~7畳、60Hzで5~8畳がめやすの窓用エアコンです。ただ広い部屋で使える機種のため、運転音については44dB(50Hz)と少し高くなります。ただしセンター吹き出しや内部乾燥モードを搭載している所などの違いはありません。

TIW-A180I 販売価格44,980円(2018年5月16日のAmazon最安値)

トヨトミ TIW-AS180I

トヨトミ TIW-AS180IをTIW-A180IをTIW-A160Iと比較すると、大きな違いはこの機種に人感センサーが付いていることです。そのことにより人が部屋から出て10分間人の動きを感じないと省エネ運転になり、さらに50分間人の動きが無ければスイッチが自動で切れます。その後60分以内に人がまた室内に入って、人の動きを感知したら運転のスイッチが入るというものです。その他の機能はTIW-A180Iとあまり違いは無いようです。

TIW-AS180I 販売価格51,996円(2018年5月16日のAmazon最安値)

コイズミ KAW-1981

コイズミ KAW-1981は50Hzが4.5~7畳で60Hzは5~8畳が目安の窓用エアコンです。この機種は熱交換器を洗うことができ、マイナスイオンを放出する機能も搭載しています。また快眠タイマー機能は設定温度になると運転がとまり、その温度が設定温度から2.5℃以上に上がるとまた運転を行うというものです。もちろん入り切りタイマー内蔵でリモコンも付いています。

KAW-1981 販売価格45,608円(2018年5月16日のAmazon最安値)

コイズミ KAW-1982

コイズミ KAW-1982をKAW-1981と比較すると、使用できる部屋のめやすは変わりませんが、熱交換器が洗えたりマイナスイオンを放出したりしません。しかし快眠タイマー機能や液晶リモコンが付いていることなど、その他のスペックはあまり違いがないようです。

KAW-1982 販売価格44,349円(2018年5月16日の楽天最安値)

コイズミ KAW-1682

コイズミ KAW-1682をKAW-1982やKAW-1981と比較すると、こちらの目安は50Hzが4~6畳で60Hzが4.5~7畳とコンパクトタイプの窓用エアコンになります。機能的にはKAW-1982とあまり違いは無いようです。

KAW-1682 販売価格35,999円(2018年5月16日の楽天最安値)

ハイアール JA-16S

ハイアール(Haier)JA-16Sは木造が4~4.5畳で鉄骨は6~7畳が目安の窓用エアコンです。工事不要で窓に設置することができ、マイナスイオンを放出する機能も搭載しています。またフロントパネルは外して洗え、リモコンも付いています。

JA-16S 販売価格32,731円(2018年5月16日のAmazon最安値)

ハイアール JA-18S

ハイアール(Haier)JA-18SをJA-16Sと比較すると、こちらは木造が4.5~5畳で鉄骨は7~8畳が目安の窓用エアコンとなります。その他のスペックの違いはあまりないようです。

JA-18S 販売価格37,000円(2018年5月16日のAmazon最安値)

窓用エアコン比較一覧

  目安 内部乾燥 ドレン水除菌 脱臭 期間消費電力量 価格
コロナCW-1618 4~7畳   364/416kWh 34,700円
コロナCW-1818 4.5~8畳   416/468kWh 46,800円
コロナCW-F1618 4~7畳 364/416kWh 48,080円
コロナCW-F1818 4.5~8畳 416/468kWh 57,500円
コロナCW-FA1618 4~7畳 364/416kWh 57,750円
コロナCW-FA1818 4.5~8畳 416/468kWh 64,203円
コロナCWH-A1818 4.5~8畳     1316/1480kWh 56,900円
トヨトミTIW-A160I 4~7畳   355/397kWh 39,800円
トヨトミTIW-A180I 4.5~8畳   391/434kWh 44,980円
トヨトミTIW-AS180I 4.5~8畳   391/434kWh 51,996円
コイズミKAW-1981 4.5~8畳       472/526kWh 45,608円
コイズミKAW-1982 4.5~8畳       472/526kWh 44,349円
コイズミKAW-1682 4~7畳       415/472kWh 35,999円
ハイアールJA-16S 4~7畳       364/416kWh 32,731円
ハイアールJA-18S 4.5~8畳       416/468kWh 37,000円

※ 目安は50Hz(木造)の最小値と60Hz(鉄筋)の最大値になっています。詳細は通販サイトやメーカーサイトなどでご確認ください。販売価格は2018年5月16日Amazonまたは楽天市場の最安値です。

窓用エアコンの選び方

窓用エアコンは壁に穴をあけたり室外機を設置する必要がなく、窓に取り付けられるようになっています(設置できない場合もあるのでサイズの確認は必要です)。そしてその窓用エアコンには小型でコンパクトなタイプや静音設計の静かなタイプ、暖房機能も搭載したタイプなどいろいろとあるものです。そんな窓用エアコンを選ぶときは、各通販サイトの口コミを見れるなら、その評判にて良い所や悪い所などよくチェックしてから、選ぶことをおすすめしたいと…

お部屋の広さに合わせよう

窓用エアコンはそれぞれの機種によって、使用するお部屋のめやすがあるものです。それも東日本の50Hzと西日本の60Hzでは、めやすの適正畳数も違ってくるので注意が必要です。例えばその表示が50Hzで4.5~7畳と言うような場合は、東日本の地域で左の4.5畳が木造で右の7畳は鉄筋のお部屋のめやすになります(ハイアールは木造と鉄骨べつに表示されてます)。

静かなタイプがほしい

窓用エアコンは室外機も一緒になっているので、どうしても運転音が大きめになってしまうようです。なので静音設計で静かなタイプがほしい場合は、運転音についてチェックするのがよいでしょう。例えばトヨトミのTIW-A160Iなら39/41dB(50/60Hz)、トヨトミのTIW-A180Iなら44/46dB(50/60Hz)と、図書館の40〜45dBと同じよな数字となっています。

なるべく電気代を安くしたい

なるべく電気代を安くしたいとお考えなら、期間消費電力量をチェックしてみてください。この期間消費電力量は実際にエアコンを運転した時に近いもので、ランニングコストを低く抑えたい場合は、この数値の低いタイプから選ぶのが良いのではないでしょうか(期間消費電力量についてはhttps://www.jraia.or.jp/product/home_aircon/e_saving_energy.htmlに記載されてます)。

お手入れは

窓用エアコンのお手入れが行いやすい機種や、なるべくお手入れしなくてすむよう考えられた機種が販売されてます。例えばコイズミのKAW-1981は熱交換器を市販のエアコン洗浄スプレーがつかえるようになっていますし、コロナやトヨトミでは内部乾燥機能を搭載しているのでエアコン内部のカビの発生を抑制したりします。

最新の人気売れ筋ランキングを参考にする

今現在どのメーカーのどの機種が売れているかを、ランキングで人気売れ筋機種をチェックして参考にすることも出来ます(窓用エアコン以外も含まれています)。

あとがき

窓用エアコン(窓用クーラー)で人気のある売れ筋機種は、各通販サイトでコロナの窓用エアコンをランキング上位で良く見かけるので、人気のあるメーカーと言うことになるでしょう。その次にはトヨトミやコイズミなどの機種も見受けます。

コロナは内部乾燥モードの機能が付いた国内製(リモコンを除く)の商品で、トヨトミは吹き出し口がセンターにあるので、窓の左右でどちらに設置してもカーテンが邪魔になりにくくなっています。またコイズミは快眠タイマーが付き、ハイアールはマイナスイオンを放出する機能など付いています。

このようにそれぞれのメーカーには特長があり、さらに機種によっても搭載してる機能など違いがあります。なので当サイトをご覧いただき、ご自身の好みやお部屋に合っている機種を選んでいただければ幸いに思います。


当ブログはこのページに記載した情報(個人的意見も含む)の正確性や完全性など、保証するものではございません。不利益や損害などございましても責任は負いません。ご利用はご覧頂いている皆様の責任にてご利用ください。