IiSENTAKU

日々の暮らしを豊かに心地よく過ごして…

ブルーレイレコーダーの2017年おすすめ人気機種の比較16選

f:id:zzmae:20160606170501j:plain

ブルーレイレコーダーの2017年おすすめ人気機種の比較16選では、HDDの容量が小さく1チューナーでシンプルな機種から大容量で複数のチューナーを搭載した高機能なブルーレイレコーダーまで、おすすめの人気機種を比較してご紹介を…

2017年7月12日更新

はじめに

テレビ番組を録画する機器としてブルーレイレコーダーが当たり前のように使われるようになりましたが、便利に使えるようどんどんとハードディスクの大容量化や、チューナーの複数化などが進んでいます。そんなブルーレイレコーダーで人気の売れ筋機種をピックアップしてご紹介します。

ブルーレイレコーダー

パナソニック ブルーレイディーガ DMR-BRW1020

1TB 1~2チューナー

パナソニック ブルーレイディーガ(DIGA)DMR-BRW1020は、HDD容量が1TBで2チューナーによるブルーレイレコーダー。番組表は新番組や特番など録り逃ししないようポップアップで表示し、スマホでも専用アプリによって外出先から録画予約や視聴が行える。4Kについては4Kアップコンバート映像を楽しめ、CD音源の保存も行えハイレゾリマスターでハイレゾ相当にアップコンバートして高音質で楽しめる。さらにWi-Fiに対応しているので、寝室やキッチンなど別の部屋にワイヤレスで電波が届けば映像を見ることもできる(ジャンプリンク対応のテレビなど)。

口コミには「性能がとても良いので オススメできる」「性能も十分。iPhoneやiPadでの視聴も安定してできる」という評判が…

パナソニック ブルーレイディーガ DMR-BRZ1020

1TB 3チューナー以上

パナソニック ブルーレイディーガ(DIGA)DMR-BRZ1020をDMR-BRW1020と比較すると、こちらはチューナーが3チューナーとなるブルーレイレコーダー。HDD容量はDMR-BRW1020と同じ1TBで、スペックもあまり違いはないようだ(i.LINKがあるなど若干の違いはあり)。

口コミには「Panasonicのアプリを使えば,スマホやタブレット端末で録画予約・視聴もでき非常に便利です」「容量も多く、3チュ-ナ-なので便利で良いなと思っております」という評判が…

パナソニック ブルーレイディーガ DMR-BRW520

500GB 1~2チューナー

パナソニック ブルーレイディーガ(DIGA)DMR-BRW520は、HDD容量が500GBで2チューナーとなるブルーレイレコーダー。DMR-BRZ1020やDMR-BRW1020などと比較すると、こちらはWi-Fiに対応していなく他の部屋で楽しみたかったらWi-Fiルーターに有線LANで接続しなければいけない。しかしその他のスペックはあまり違わないようだ。

口コミには「本体はとてもコンパクトで軽量ですが、機能は色々スゴイです」「他社製のTVとの互換性も問題なかったです」という評判が…

パナソニック ブルーレイディーガ DMR-BRS520

500GB 1~2チューナー

パナソニック ブルーレイディーガ(DIGA)DMR-BRS520をDMR-BRW520と比較すると、こちらはチューナーが1チューナーとなるブルーレイレコーダー。また4Kアップコンバートやアナログ入力なども付いていなく、パナソニックの中ではシンプルな機種だ。

口コミには「値段も手頃で、セッティングや操作などもわかり易く良かった」「非常に使いやすく、初心者向きでオススメします」という評判が…

パナソニック ブルーレイディーガ DMR-UBZ2020

2TB以上 3チューナー以上

パナソニック ブルーレイディーガ(DIGA)DMR-UBZ2020は、HDD容量が2TBで3チューナー、4K対応のUltra HD ブルーレイレコーダー。この機種は4KなどHDR(ハイダイナミックレンジ)の映像を楽しむことができ、そのきれいな映像とともにハイレゾ相当にアップコンバートするハイレゾリマスターによって高音質の音も楽しめる。もちろんWi-Fi対応で、外出先でもスマホで視聴できる。

口コミには「賢い録画、ハイレゾリマスターの音声、何でも出来るネットワーク・コンテンツサーバー」という評判が…

パナソニック ブルーレイディーガ DMR-UBZ1020

1TB 3チューナー以上

パナソニック ブルーレイディーガ(DIGA)DMR-UBZ1020をDMR-UBZ2020と比較すると、こちらはハードディスクの容量が1TBとなるブルーレイレコーダー。その他3チューナーや4K対応であることなどあまり違いは無い。

口コミには「手頃な値段で4K ultra HD 環境を構築できる、オススメの逸品です」「WiFi内蔵でテレビでAmazonプライムビデオやhuluが視聴できる」という評判が…

パナソニック ブルーレイディーガ DMR-BRG2030

2TB以上 3チューナー以上

パナソニック ブルーレイディーガ(DIGA)DMR-BRG2030は、HDDの容量が2TBでチューナーが6チューナーとなったブルーレイレコーダー。なので6番組を同時に録画することができ、自動録画も6番組を1日8時間まで自動で録画できる(DRモード)。また4Kに対応しハイレゾリマスター機能も搭載している。

口コミには「まさかスマホから録画できることとは。同時録画が多いことも満足しています」という評判が…

パナソニック ブルーレイディーガ DMR-UBX7030

2TB以上 3チューナー以上

パナソニック ブルーレイディーガ(DIGA)DMR-UBX7030は、HDDの容量が7TBでチューナーが11チューナーとなったブルーレイレコーダー。最大で10チャンネルを28日分の自動録画をしてあとから見れ、ゴールデンタイムのドラマをHDDで約90日間の保存ができる(地デジで19時~22時台に放送開始)。またUltra HD ブルーレイの再生に対応し、ハイレゾリマスターを搭載している。

シャープ AQUOSブルーレイ BD-NW1100

1TB 1~2チューナー

シャープ AQUOSブルーレイ BD-NW1100は、HDD容量が1TBで2チューナーとなったブルーレイレコーダー。スカパープレミアムサービス(スカパー HD)チューナーを内蔵しているので、地上デジやBSなどを含めて多くの映画やドラマ番組など視聴や録画ができる。またタイムシフト設定をしておくと見逃したシーンを見直せたり、シーン分割で子画面表示したりできる。またWi-Fiコネクト機能によってワイヤレスにて別室のアクオスやスマホに録画や放送番組を送信できる。

口コミには「設定はアンテナ線を繋げて電源を入れればフルオートで設定してくれました」「放送中の番組の巻き戻しができたり」という評判が…

シャープ AQUOSブルーレイ BD-NW510

500GB 1~2チューナー

シャープ AQUOSブルーレイ D-NW510をBD-NW1100と比較すると、こちらはHDDの容量が500GBとなっている。チューナーも2チューナーでその他の違いはあまりないようだ。

口コミには「安くて使い勝手もよく良いですね」「データ量は少ないですが5倍モードにすれば問題ないし、画質も問題なし」という評判が…

シャープ AQUOSブルーレイ BD-UT2100

2TB以上 3チューナー以上

シャープ AQUOSブルーレイ BD-UT2100は、Ultra HD ブルーレイに対応しHDDの容量が2TBで3チューナーとなっている。ハイビジョン放送など4K60pアップコンバードによって4Kの高解像度を楽しめ、地上デジやBSなどの新作連続ドラマを4週間分の自動お録りおきできる。

東芝 REGZAブルーレイ DBR-W507

500GB 1~2チューナー

東芝 REGZAブルーレイ DBR-W507は、HDDの容量が500GBで2チューナー搭載のブルーレイレコーダー。この機種は時短機能を搭載していて、キーワードやジャンルを設定すると自動で録画してくれる機能や、録画した番組の再生をらく見やらく早見、飛ばし見など時短で再生することもできる。またおまかせダビングなら本編だけをディスクに残したりできる(本編だけでない場合あり)。さらにUSBハードディスクを外付けしたり、スマホで楽しんだりできる。

口コミには「HDDは500Gですが、増設すればいいし、結果的に安くなると思います」という評判が…

東芝 REGZAブルーレイ DBR-W1007

1TB 1~2チューナー

東芝 REGZAブルーレイ DBR-W1007をDBR-W507と比較すると、こちらはハードディスクの容量が1TBとなる。チューナーは2チューナーとDBR-W507と同じで、時短機能などスペックはあまり違いは無いようだ。

口コミには「設定も分かりやすく使いやすいです」「本体が非常にコンパクトになり設置場所を選ばない」という評判が…

東芝 REGZAブルーレイ DBR-T3007

2TB以上 3チューナー以上

東芝 REGZAブルーレイ DBR-T3007は、HDDの容量が3TBで3チューナー搭載のブルーレイレコーダー。DBR-W1007やDBR-W507と同じように時短機能を搭載して、USBハードディスクを外付け出来る所などは違いが無いようだ。

口コミには「時短のらく見/らく早とは単なる、CMスキップ/CMスキップ+1.3倍早回し再生なのでニュースの早聞きに使えて便利でした」という評判が…

ソニー BDZ-ZW1500

1TB 1~2チューナー

ソニー BDZ-ZW1500はHDDが1TBで2チューナーを搭載し、外付けハードディスクはSeeQVaultに対応しているブルーレイレコーダー。番組表をインターネットにつないであれば、予約ランキングがわかり人気番組を予約できる。また外出先からスマホで録画予約が行え、4Kカメラ動画をUSBケーブルで取りこむこともできる。

口コミには「とにかく画面操作が圧倒的にスムーズにできて気に入っています」という評判が…

ソニー BDZ-ZW550

500GB 1~2チューナー

ソニー BDZ-ZW550をBDZ-ZW1500と比較すると、こちらはハードディスクの容量が500GBとなっているブルーレイレコーダー。その他のスペックの違いはあまりないようだ。

ブルーレイレコーダーの選び方

ハードディスク(HDD)容量

ハードディスクの容量によって録画出来る時間も違ってきます。当然のことながら容量が大きければ大きくなるほど、録画できる時間も多くなっていきます。現在販売されているブルーレイレコーダーでは、500GBから多いものでは7TBというような機種まで販売されていますが、メインの機種は1TB~2TBと言うところでしょうか。

なので録画を沢山行う家庭や録画したものを長期間、保存しておく家庭では容量の大きな機種を検討されることをおすすめします。また容量がいっぱいになってしまったら、外付けのハードディスクを接続してそちらに保存することもできますが、置き場所のこともあるのでそのあたりも良く考えてから購入するのが良いでしょう。

ちなみに地デジを高画質で録画した場合、1時間で約8GBの容量となるので1TBで地デジ放送を、約120時間の録画が行えることになります。

チューナー

多くのブルーレイレコーダーでは複数のチューナーを搭載しています。チューナなんて一つあれば十分とお考えかもしれませんが、複数のチューナーがあれば同じ時間に複数の番組を同時に録画することが出来ます。ご家族の人数が多くなれば録画したい番組の日時が重なってしまう可能性があるかもしれません。もちろん家族の人数が少なくても同時に録画したい番組が放送されるかもしれません。なので購入する機種を選ぶときはチューナーの数を検討することをおすすめします。

スマホで見たり操作したり

スマホを利用して外出先で録画した番組を見たり、録画の予約が行える機種が多くなっています。またブルーレイレコーダーのチューナーによって、現在放送している番組を視聴したりできる機種も多いものです。なので外出先でもテレビ番組を見たいとお考えであれば、この機能を搭載している機種が良いでしょう。しかしそれぞれのメーカーによって使い勝手が違ってきますので、そのあたりはしっかりチェックすることをおすすめします。

Wi-Fi

ブルーレイレコーダーを置いてある部屋とは違った寝室やお風呂、キッチンなどで録画した番組を視聴したい場合は、Wi-Fiダイレクト機能のある機種がWi-Fiルーターを必要としないので便利でしょう。つまり複数のお部屋のテレビで録画番組を視聴したい場合におすすめしたい機能ですが、機種によっては対応できない場合や電波が届かなくて視聴できない場合もあるので注意が必要です。

外付けハードディスク

容量がいっぱいになったら外付けハードディスクに録画番組を保存することができます。ただし一般のレコーダーでは録画した外付けハードディスクが同一でないと、再生が行えません。つまり違うレコーダーにつないでも、そのハードディスクに録画した番組が見れないことになります。

しかしSeeQVault(シーキューボルト)対応機器であれば、他のレコーダーにつないでも録画した番組を視聴できるので、そのように使いたいのであればSeeQVaultに対応してるか確認することをおすすめします。ちなみにこのSeeQVaultはパナソニックやサムスン、ソニー、東芝の4社が開発した技術です。

画質

各メーカーでは画質を良くするための機能を搭載しています。4Kアップコンバートや超解像、ノイズリダクションなどいろいろとあるものです。ただこれらの画質を良くする機能を搭載していると、価格が高くなってしまうので利用の仕方によって購入する機種をけんとうすることをおすすめします。

つまり低画質でも良いから長時間録画したいのか、録画した番組は高画質で見なければ嫌だとお考えなのかによって購入する機種は違ってくるでしょう。当然のことながら価格の高い機種は、画質をより良くする機能が搭載されている機種が多いようです。

最新の人気売れ筋ランキングを参考にする

今現在どのメーカーのどの製品が人気があって売れているかを、ランキングで売れ筋製品をチェックして参考にすることも出来ます。

まとめ

人気のブルーレイレコーダーは、通販サイトのランキング上位でパナソニックの製品を良く見受けます。なのでパナソニックが人気メーカーと言うことになるでしょうし、このメーカーの機種ならいろいろなタイプの機種から選べます。しかしソニーやシャープなどでもパナソニックと違った特長があるので、ご自身の好みにあった機種を選ぶことをおすすめします。

自分的には容量やチューナーの数も大事だと思いますが、SeeQVault対応機器であれば、他の機器につなげて録画した番組など楽しめたりするので、チェックしたい機能だと考えてます。さて選んだ機種が良い製品であるかなど、通販サイトの口コミをチェックできるなら、その評判を良く見てから購入するブルーレイレコーダーを選ぶことをおすすめしたいと…


口コミはAmazon楽天市場から出典させていただきました。

当ブログは、このページに記載した情報(個人的意見も含む)の正確性や完全性など、保証するものではございません。不利益や損害などございましても責任は負いません。ご利用はご覧頂いている皆様の責任にてご利用ください。