IiSENTAKU

日々の暮らしを豊かに心地よく過ごして…

ホームシアターシステムの2017年おすすめ人気機種の比較7選

f:id:zzmae:20161122155350p:plain

ホームシアターシステムの2017年おすすめ人気機種の比較7選では、スピーカー×2とウーハー×1やスピーカー×5とウーハー×1などのシステムで、人気のおすすめホームシアターシステムを比較してご紹介します。

テレビや映画など良い音で聴きたいと思ったら、液晶テレビは薄型で良い音が出ない。それもスピーカーは後ろ向きになっていたりするので、余計に迫力のあるサウンドなど望めない。そこでホームシアターシステムに接続することにより、迫力のあるサウンドと一緒に映画やテレビなどの映像を楽しむことができるのではないでしょうか。

サウンドバー(シアターバー)のおすすめ人気機種の比較はこちら

BOSE LIFESTYLE 650 SYSTEM

5.1ch Bluetooth Wi-Fi

BOSE(ボーズ)LIFESTYLE 650 SYSTEMは、サテライトスピーカー4本と横長のセンタースピーカー、サブウーファ、コンソールで構成するボーズ最高峰のシステム。サテライトスピーカーは360°の全方向性スピーカーで、リアはワイヤレスで接続できる(電源は必要)。センタースピーカーは薄型テレビに合うようスリムなデザインで、サブウーファはQuietPortテクノロジーによって少ないスペースで低音再生をしている。

口コミには「BGMを流したいという方にもオススメです」というような評価が…

BOSE LIFESTYLE 600 SYSTEM

5.1ch Bluetooth Wi-Fi

BOSE(ボーズ)LIFESTYLE 600 SYSTEMをLIFESTYLE 650 SYSTEMと比較すると、サブウーファとコンソールはLIFESTYLE 650 SYSTEMと同じだが、サテライトスピーカーとセンタースピーカーはJewelCubeのスピーカーになっている。

Pioneer HTP-CS1

2.1ch Bluetooth

Pioneer(パイオニア)HTP-CS1は、2.1chのコンパクトなフロントスピーカーシステム。サウンドバーのように横長のスピーカーをテレビの前に置くタイプではなく、コンパクトなスピーカをテレビの両脇に置くタイプなので邪魔になりにくい。サブウーファーが大きいのはしょうがないが、スペースに合わせて横だけでなく縦にも置ける。またBluetoothに対応しているので、スマホの音楽も楽しめる。

口コミには「肝心な音はテレビの音は聞きやすく」「ウーハーのおかげで音に厚みが出て、バランスも素晴らしい」「あくまでオリジナルの音を聞きやすく迫力を高める調律がされて」というような評価が…

ONKYO BASE-V60

2.1ch Bluetooth Wi-Fi

ONKYO(オンキョー)BASE-V60は、AVレシーバーにスピーカー2本とウーハー1本をセットにした2.1chシアターパッケージ。フロントスピーカーはコンパクトなのでテレビの周りに置きやすく、ウーハーは16cmの大型スピーカーユニットにより重低音を。またBluetoothでスマホの音楽を聴くことができ、radikoなどインターネットラジオを楽しめ、ハイレゾにも対応してスマートフォンからの操作も出来る。

口コミには「セリフがはっきり聞き取れるのに感動」「とても気に入りました」「ネットラジオを聴けるのも嬉しいところ」というような評価が…

ソニー HT-RT5

5.1ch Bluetooth Wi-Fi

ソニー(SONY)HT-RT5 は省スペースながら、5.1chシステムのリアルサラウンドを楽しめるホームシアターシステム。スピーカーコードは必要ないワイヤレスなので、スピーカーをリビングに自由に設置できる(電源ケーブル接続は必要)。4K対応はその4K映像信号を、そのまま対応テレビへ送信する「4Kパススルー」だ。

口コミには「音質に関しても十分いいと思います」「夜間に使用する際に便利なナイトモード」「コストパフォーマンスは高い」という評価が…

ソニー HT-ZR5P

2ch Bluetooth Wi-Fi

ソニー(SONY)HT-ZR5Pはコンパクトなスピーカーで、ワイヤレスでテレビの横に置ける2chのホームシアターシステム。テレビのスピーカーだけでなくパソコンのスピーカーや、対応しているサウンドバーと組み合わせリアスピーカーとしても使える。もちろんBluetoothに対応しているので、スマートフォンやウォークマンなどの音楽も楽しめる。

口コミには「用途が広いことが最大の売り」「なんにでも使える汎用スピーカー」「セパレートなだけあって、左右の音の分離も充分」というような評価が…

ヤマハ YHT-903JP

5.1ch Bluetooth Wi-Fi

ヤマハ(YAMAHA)YHT-903JPは、AVアンプとトールボーイスピーカーがセットになった5.1chのホームシアターシステム。テレビのラックにも設置しやすいようAVアンプの高さは111mmと低く、トールボーイスピーカーはスリムでスタイリッシュなデザインとなっている。また4K映像対応のHDMI端子を搭載して、カラーはブラックとホワイトの2色展開している。

まとめ

ホームシアターシステムでサウンドバーやボードバータイプを除いたタイプで、人気のシステムはパイオニアのHTP-CS1がコスパの良さで、人気があり通販サイトのランキング上位でも見かける。その次に「オンキョーBASE-V60」や「ソニーHT-RT5」なども売れ筋のようだが、価格の高い「Bose Lifestyle 650 home entertainment system」もランキングで見かける。

なのでコストパフォーマンスの良い製品か、高級なホームシアターシステムが選ばれているようだ。全般的にはサウンドバーの方がランキングでも多くの機種を見受けるが、テレビによってはサウンドバーが邪魔になる場合もあるでしょうし、5.1chのシステムを楽しみたい場合もあるでしょう。

このようにホームシアターシステムには特長があるので、ご自身の好みや予算などによって選ぶことをおすすめします。ただその選んだシステムが良いかどうかは、通販サイトで口コミの評判など見れるのであれば、その評判を参考にしてから選ぶことをおすすめしたいと…


関連ページのご紹介


口コミはAmazon楽天市場から出典させていただきました。

当ブログは、このページに記載した情報(個人的意見も含む)の正確性や完全性など、保証するものではございません。不利益や損害などございましても責任を負うものではありません。ご利用はご覧頂いている皆様の責任にてご利用ください。

2017年5月20日更新