IiSENTAKU

日々の暮らしを豊かに心地よく過ごして…

サッカーアジアカップで日本代表はベスト8に終わりましたが・・・

サッカーアジアカップで日本代表はベスト8に終わってしまいました。

前回と同じように優勝して終わってほしかったのですが、ベスト8で終わってしまったことはとても残念です。

今回の代表の試合では、アギーレ監督の八百長疑惑などいろいろと問題があり、そのようなことが代表の試合に影響したのかもしれません。

代表選手としては、八百長疑惑など関係ないと言っていたかもしれませんが、心の奥深くではなんかもやもやしたものがあったのかもしれません。

アジアカップ

また、アジアカップの過密日程も選手にはきつかったものと思います。

中3日や2日では選手の疲れも取れなくて、疲労もたまっていたのではないかと思います。

そのような日程は前からわかってたことだから、その対策を行わなかったのが悪いのかも知れませんが、選手同士の試合中のコミニケーションを構築するには時間が足りなかったかもしれません。

なのでそのような対策が十分行われず、毎試合同じ選手で先発していたのかもしれません。

本当のところは現場の監督や選手にしか分からないことでしょうが、ワールドカップが終わってからまだ一年もたっていないこの状況で、阿吽の呼吸というかコミニケーションを選手同士とることは難しいものと思います。

このように、阿吽の呼吸というかそういうものがないと、なかなか選手は良い試合を行うことができないと思いますので、そのあたりはまだまだ時間がかかることでしょう。

とにかく理想としてはどの代表選手が出てきも、阿吽の呼吸というかコミニケーションがうまくとれたチームになることでしょう。

このような記事を

そんな中このような記事を見つけた。

本田と香川をトップ下に並べた4-3-2-1のほうが、2人の持ち味をより引き出してさらに多くの決定機を作り出し、彼らがフィニッシュにからむ頻度も高められるのではないかと思う。

【日本代表】現役イタリア人監督が敗因分析「本田と香川が遠く離れた4-3-3に疑問」 | サッカーダイジェストWeb

なるほど、4-3-2-1にしたほうが本田と香川が絡むことができて、攻撃で多くの決定機を作ることができたかもしれません。

というか個人的にこのような布陣の日本代表の試合を見てみたいものです。

どちらにせよ、強い日本代表になることを願っています。