IiSENTAKU

日々の暮らしを豊かに心地よく過ごして…

リニアモーターカーは本当に早いのだろうか

「リニアモーターカーって早いの」って聞いたら「そりゃ早いに決まっていうるだろう、なんたって時速500キロで走るんだから」と言われそうです。

計画では品川と名古屋間で最速40分で結ぶと言われている。

このように「早く到着するんだからいいじゃないか」と言われそうですが、一つ気になることがある。

それは地下奥深くに、リニアモーターカーの駅が造られることです。

首都圏にお住まいの方なら、地下深くを走る地下鉄などご利用になられた方なら経験があると思うが、乗換にとっても時間がかかる。

リニアモーターカーの駅

品川駅や名古屋駅の場合、地上の新幹線のホームとの乗り換えならエレベーターやエスカレーターなど使って、3~9分で乗り換えるようにするようだ。

しかし、品川駅で山手線や羽田空港につながっている京浜急行などとの乗り換えには、20分くらいかかるようです。

それは山手線や京浜急行のホームは新幹線のあるホームと反対側にある。

なので乗り換えのため、長い距離を歩かなければいけない。

この乗り換えのときに、大きな荷物を持っていたりしたら、余計に時間がかかるかもしれない…

とにかく品川駅まで在来線でやってきて、この駅での乗り換えに時間がかかってしまうようなのだ。

乗り換えに

こんなに乗り換えに時間がかかってしまうということは、リニアモーターカーがいくら早く走っても条件によっては、地上を走る新幹線より少し早いくらいかもしれない。

それに、大阪や広島などに行く場合は名古屋駅で乗り換えなければいけないので、面倒なものだ。

このようなことを考えると、リニア中央新幹線はリニアでなく普通の新幹線を走らせたほうがよいかもしれないとおもってしまう。

つまり乗換のことなど考えると、九州まで直通運転ができるので良かったりするのではないかと思ってしまうのだ。

はたして、リニアモーターカーが品川から名古屋まで開通したら、東京から大阪まで行く方がめんどくさいとおもわないだろうか。

いちいち名古屋で乗り換えて行く大阪まで行くのであろうか。

新大阪でも乗り換えなければいけないし。

それとも当分は、新大阪までの直通電車(のぞみ)を走らせるのであろうか…