IiSENTAKU

日々の暮らしを豊かに心地よく過ごして…

レコードプレーヤーの2018年おすすめ人気機種の比較15選

f:id:zzmae:20180308160622j:plain

レコードプレーヤーの2018年おすすめ人気機種の比較15選では、価格の安い初心者向けの機種からUSBやBluetooth(ブルートゥース)搭載の機種、おしゃれで高級な機種など人気のおすすめレコードプレーヤーを比較してご紹介…

レコードプレーヤー

ION Audio Max LP

ION Audio(アイオンオーディオ)Max LPは、ステレオスピーカー内蔵のレコードプレーヤーです。なのでコンポなどへつながなくても音楽を楽しむことができ、USB端子を搭載しているのでスマホ(iOS11以上は非対応)やPCに録音することも行えます。コンポへはRCA端子で接続してステレオサウンドを楽しむことができ、カラーは天然木とピアノブラックの2色展開しています。

■口コミ
「音はやっぱり、CDより柔らかく感じます…」
(www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R16NXBAUV9MQN7)
「値段の割には高級感があり使い方も簡単で…」
(www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R3KQF72ZTWF0FS)

Max LP 販売価格9,860円(2018年3月11日のAmazon最安値)

ION Audio Archive LP

ION Audio(アイオンオーディオ)Archive LPをMax LPと比較すると、こちらはヘッドホン端子やダストカバーが付いていません。しかしステレオスピーカー内蔵であること、USB端子搭載でスマホ(iOS11以上は非対応)やPCに録音できることなどは違いがありません。もちろんRCA端子でコンポやアンプなどにつないで楽しめます。

■口コミ
「内臓スピーカーからの音も文句無しの音質です…」
(www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R28EZ65NTZQI9A)
「アンプにつながなくても聴けるこの手軽さはこれで充分満足…」
(www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R1X8Q1XPYC3HJ6)

Archive LP 販売価格7,100円(2018年3月11日のAmazon最安値)

ION Audio Air LP

ION Audio(アイオンオーディオ)Air LPはBluetoothを搭載したレコードプレーヤーです。なのでBluetoothスピーカーやBluetoothヘッドホンへ送信すれば、ワイヤレスで音楽を楽しめます。またUSB経由でスマホ(iOS11以上は非対応)やPCに録音したり、RCA出力端子でコンポにつないだりすることもできます。もちろんヘッドホン端子を搭載して、カラーは天然木とピアノブラックの2色展開しています。

■口コミ
「ごちゃごちゃしがちな配線類がBluetoothで一気に解決…」
(www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R2QIJZJOJU3D8G)
「やはりBluetoothは便利…」
(www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R2ME3XBU85YE45)

Air LP 販売価格12,600円(2018年3月11日のAmazon最安値)

ION Audio Vinyl Motion

ION Audio(アイオンオーディオ)Vinyl Motionは、ちょっとレトロな雰囲気のスーツケース型レコードプレーヤーです。ステレオスピーカーやバッテリーを内蔵しているので、持ち運んでいろいろな場所でアナログレコードを聴くことが出来ます。もちろんUSB端子やヘッドホン端子、RCA端子など搭載しています。

■口コミ
「そのままふたを閉めて片付けられるのもおすすめポイントだと感じました。充電式でどこでも聞けるのも持ち味で…」
(www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/RBTGIFV6FAF8A)

Vinyl Motion 販売価格7,970円(2018年3月11日のAmazon最安値)

ION Audio Superior LP

ION Audio(アイオンオーディオ)Superior LPは、本体がレトロ調なデザインでスピーカー内蔵のミュジックプレーヤーです。レコードの再生だけでなくカセットテープやCD、ラジオ、USBメモリー、Bluetooth受信(スマホやウォークマンなど)、外部入力などで再生することができます 。またレコードやカセットテープなどからUSBメモリーへの録音も行え、外部出力端子を搭載しているのでコンポやアンプなどにつないで楽しむこともできます。

■口コミ
「外観のデザインも良いし、買って良かった…」
(www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/RH564YRBSWBU1)
「レトロでレコードを聴くのにムードが最高です…」
(www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R7CTWCC50WQ9Y)

Superior LP 販売価格19,350円(2018年3月11日のAmazon最安値)

デノン DP-29F

デノン(DENON)DP-29Fはフルオートでエントリークラスのレコードプレーヤーです。フルオートなので30cmか17cmのレコードサイズを選べば、自動でアームが移動してレコードを再生し、再生が終わるとアームは自動で戻ってくれます。またPHONOイコライザーを搭載しているので、PHONO端子のないコンポやアンプなどに直接つなぐことが出来ます。カラーはシルバーとブラックの2色展開です。

■口コミ
「ノイズも無く、音もよいので満足して…」
(www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/RZD5TK6JMRO66)
「フルオートだから楽。もちろん手動でもできる。音も良い。とにかくコスパ最高…」
(www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R3N77EU45R9T7U)

DP-29F 販売価格6,944円(2018年3月11日のAmazon最安値)

デノン DP-200USB

デノン(DENON)DP-200USBをDP-29Fと比較すると、こちらはレコードをUSBメモリーに録音できるレコードプレーヤーです。またレコードで録音していない部分にトラック番号を記録したり、PCでGracenote社のCDDBサーバから楽曲情報を取得するソフトが同梱されてます(対応ソフトはWindows7までなので要確認)。フルオートプレーヤーでPHONOイコライザーを内蔵していることなどは、DP-29Fと違いが無いようです。カラーはプレミアムシルバーとブラックの2色展開です。

■口コミ
「操作も簡単で音も十分楽しめて…」
(www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R2N64823CGEV7S)
「やっぱりUSB録音ができるのは嬉しい…」
(www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/RJTXFPZMW0YXD)

DP-200USB 販売価格12,624円(2018年3月11日のAmazon最安値)

デノン DP-300F

デノン(DENON)DP-300Fはカートリッジの交換が行えるレコードプレーヤーです。また手動で再生できるようアームリフターを搭載し、針圧やアンチスケーティングの調整が出来るようになっています。もちろん30cmや17cmのレコードならフルオートで再生でき、PHONOイコライザーも内蔵しています。カラーはプレミアムシルバーとブラックの2色展開です。

■口コミ
「安いけれど良い音を出しますね…」
(www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R1NWZLEM0E1WKW)
「最高に良い音質で毎日楽しんでいます。もう、CDには戻れません…」
(www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R34NT3INSPKOX7)

DP-300F 販売価格19,079円(2018年3月11日のAmazon最安値)

オーディオテクニカ AT-PL300

オーディオテクニカ(audio-technica)AT-PL300は、簡単に操作できるフルオートのレコードプレーヤーです。なのでレコードをプレーヤーにセットして、あとはボタンを押すだけでレコードを楽しめます。フォノアンプを搭載してる機器を持っていない場合でも、フォノイコライザーを搭載しているのでスピーカーなどにつないでレコードを楽しむこともできます。カラーはブラックとホワイトの2色展開です。

■口コミ
「価格は安く、自動で全て出来るので便利で、レコード盤を傷めることも最小限で
音質も非常に良い…」
(www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R1J6EODPMM4QY1)

AT-PL300 販売価格8,227円(2018年3月11日のAmazon最安値)

オーム電機 RDP-B200N

オーム電機(OHM)RDP-B200Nはスピーカー内蔵なので、手軽に楽しめるレコードプレーヤーです。オートストップ機能があるのでレコードの再生が終わると自動で停止することもでき、演奏速度の微調整はピッチ調整機能によって速度を早くしたり遅くしたり調整が行えます。またUSB接続もできるのでPCでMP3への変換も行え、出力端子を搭載しているのでコンポやスピーカーなどへつなげることもできます。

■口コミ
「デザインもよく、本体から音が聴けるのも気に入った…」
(www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R973W3L3750XY)
「値段はお手頃ですが、とってもいいです…」
(www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R6MAONQ5ADJTI)

RDP-B200N 販売価格6,945円(2018年3月11日のAmazon最安値)

オンキヨー CP-1050

オンキヨー(ONKYO)CP-1050はダイレクトドライブによる本格的なレコードプレーヤーです。このダイレクトドライブによってターンテーブルを正確に回転するようにし、アルミダイキャスト製プラッターによって共振を抑えるようにしています。また針を上げたり下げたりできるアームエレベーションを搭載し、高感度トーンアームではカートリッジを交換することもできます。

■口コミ
「製品は、ONKYOらしく質実剛健…」
(www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R2K43K46XXCU0H)
「カートリッジを交換して音の違いを楽しみたいと…」
(www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R354DLY0SJKRO6)

CP-1050 販売価格36,253円(2018年3月11日のAmazon最安値)

ティアック TN-350

ティアック(TEAC)TN-350はフォノイコライザーとUSB端子を搭載したレコードプレーヤーです。なのでフォノ入力の無いアンプなどにつないだり、USB出力によってPCなどに保存することができます。カートリッジはオーディオテクニカのVM型カートリッジが付属し、そのカートリッジは交換することもできます。さらにトーンアームはアンチスケーティングや針圧の調整が行えるようになっています。

■口コミ
「非常に良い音を出してくれています…」
(www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R31BTYWS9G9W21)
「この価格帯でこの品質は十分だと思うし、見た目も高級感あって大切にしたくなり…」
(www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R1H1H135IS778G)

TN-350 販売価格30,090円(2018年3月11日のAmazon最安値)

ティアック TN-400BT

ティアック(TEAC)TN-400BTをTN-350と比較するとこちらはBluetoothを搭載しているので、BluetoothヘッドホンやBluetoothスピーカーなどで音楽を聴くことができるレコードプレーヤーです。USB出力端子を搭載してPCに音楽を保存できる所などは、TN-350と違いが無いようです。

TN-400BT 販売価格49,560円(2018年3月11日のAmazon最安値)

ソニー PS-HX500

ソニー(SONY)PS-HX500はDSD5.6MHzなどのハイレゾでパソコンに保存できるレコードプレーヤーです。PC用のアプリHi-Res Audio Recorderで録音や編集が行え、ハイレゾに対応したウォークマンなどで音楽を再生して楽しむこともできます。もちろんレコード再生では軽量シェル一体型ストレートトーンアームや高音質ラバーマット、高密度MDFキャビネットなど採用して音響のことも考えられています。

■口コミ
「価格の割には高性能 カートリッチも素直な音質です…」
(www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R3N0L0A0ZJTBFN)
「レコードから、直接、ハイレゾクオリティで、お手軽に録音できるのは、嬉しい所かと…」
(www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R3I99A34VQDFFZ)

PS-HX500 販売価格47,000円(2018年3月11日のAmazon最安値)

ベルソス VS-M007G

ベルソス VS-M007GはレコードだけでなくCDやカセット、ラジオ、USB、SDカードなどから再生できるマルチレコードプレーヤーです。また再生だけでなく、レコードやカセットからUSBメモリーやSDカードに、録音することができます。本体はスピーカー内蔵なので、コンポやアンプなどにつながなくても、音楽を楽しめますし、さらにアラーム機能を搭載しているので、設定した時刻にラジオや音楽データなど鳴らすこともできます。

■口コミ
「この値段にして十分な機能と質感…」
(www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R2YA4NN1GENABI)
「あらゆるオーディオメディアで対応できるので役に立って…」
(www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R29ISXNZ1OYNQX)

VS-M007G 販売価格5円(2018年3月11日のAmazon最安値)


出典:楽天市場

レコードプレーヤー比較一覧

  スピーカー USB Bluetooth フルオート カートリッジ 価格
ION Audio Max LP       9,860円
ION Audio Archive LP       7,100円
ION Audio Air LP       12,600円
ION Audio Vinyl Motion       7,970円
ION Audio Superior LP     19,350円
デノンDP-29F         6,944円
デノンDP-200USB       12,624円
デノンDP-300F       19,079円
オーディオテクニカAT-PL300         8,227円
オーム電機RDP-B200N       6,945円
オンキヨーCP-1050         36,253円
ティアックTN-350       30,090円
ティアックTN-400BT     49,560円
ソニーPS-HX500         47,000円
ベルソスVS-M007G       8,970円

販売価格は2018年3月11日Amazon最安値です。
スピーカー=スピーカー内蔵 フルオート=フルオートレコーダー カートリッジ=カートリッジ交換
詳細は通販サイトやメーカーサイトなどでご確認ください。


出典:楽天市場

レコードプレーヤーの選び方

レコードプレーヤーでLP盤の音楽など聴いていると、なんとも雰囲気のある音楽を楽しめると思います。特にCDが販売される前のアナログレコードが全盛期のころに販売された音楽は、CDで聴くよりもレコードプレーヤーで聴いた方がなんとも雰囲気のあるものだと思っています。さてレコードプレーヤーを購入するときは、それぞれ特長があるので各通販サイトの口コミの評判にて、良い所や悪い所などよくチェックしてから選ぶことをおすすめしたいと…

気軽にレコードプレーヤーを楽しみたい

気軽にレコードプレーヤーを楽しみたい場合にはスピーカー内蔵の一体型、またはCDやカセット、ラジオなど再生できるマルチなスピーカー内蔵タイプから検討してみることをおすすめします。このようなタイプならいちいちコンポやアンプにつなぐことなく、アナログレコードを楽しむことが出来ます。


出典:楽天市場

ターンテーブルの回転方式

ターンテーブルの回転方式はベルトドライブ方式と、ダイレクトドライブ方式があります。

ベルトドライブ

価格の安い初心者向けのレコードプレーなど、多くの機種に搭載されているのがベルトドライブのタイプになります。このタイプはモーターの回転をベルトでターンテーブルに伝えて回転させるものです。モーターとターンテーブルの間にベルトが入ってくるので、価格の安い機種には正確な回転を行わない機種もあるようです。なので口コミの評判など注意したほうが良いようです。

ダイレクトドライブ

ダイレクトドライブは高級タイプや本格的なオーディオタイプに採用されていることが多い方式です。このタイプはモーターの回転を直接ターンテーブルに伝えるもので、回転精度が良くなり回転スピードも正確な機種が多いようです。

フォノイコライザー

レコードプレーヤーの音声信号はCDなどの音声信号とは違いがあるため、フォノイコライザーが必要になります。アナログレコードが全盛のころのアンプやコンポなどにはこのフォノイコライザーが内蔵されていました。しかし内蔵されてないアンプやコンポなどにレコードプレーヤーをつなぎたい場合は、フォノイコライザーを内蔵したレコードプレーヤーを検討するか、フォノイコライザーを別途購入する必要があります。

スマホやPCに録音したい

USBの出力端子を搭載しているレコードプレーヤーなら、アナログレコードをスマホやPCなどに録音することができます。このアナログレコードをスマホやPCなどに保存しておけば、もしもの時でもスマホやPCなどから聴くことが出来るようになりますし、レコードプレーヤーが無くてもその音楽を楽しむことが出来るでしょう。

カートリッジを交換して楽しみたい

CDプレーヤーやスマホなどと違い、レコードプレーヤーで高級なタイプなどではカートリッジを交換して、そのカートリッジによる音の違いを楽しむことが出来ます。ただカートリッジの交換が可能な機種でも対応できないカートリッジもあるので、取り付けられるカートリッジであるかなど確認する必要があるでしょう。


出典:楽天市場

最新の人気売れ筋ランキングを参考にする

今現在どのメーカーのどの機種が売れているかを、ランキングで人気売れ筋機種をチェックして参考にすることも出来ます。

あとがき

レコードプレーヤーで音楽を聴くのは、とっても味のあるものだと思います。特にCDが出る以前に販売されたLPレコードなどは、このレコードプレーヤーで聴くのが自分的にはとっても良い感じだと思っています。ただレコードプレーヤーはスピーカー内蔵タイプ、マルチなタイプ、高級なタイプなどいろいろあるので、レコードプレーヤーを選ぶときは当ブログを参考にしていただき、良い機種を選んでいただければ幸いです。


当ブログは、このページに記載した情報(個人的意見も含む)の正確性や完全性など、保証するものではございません。不利益や損害などございましても責任は負いません。ご利用はご覧頂いている皆様の責任にてご利用ください。